憧れの美容脚になるためのダイエット法

TVやニュースを彩るモデルさんを見ていると、みんな一様に美しく細い足の方ばかり。
足首にくびれがあり、スラっとしたふくらはぎを備えているモデルさんや芸能人たちはどんなダイエット法をしているの?と疑問に思ったことがあると思います。
生まれつき足が細いのでは?と思っている人も多いと思います。
確かに遺伝子レベルで細い体型の人は、年齢を重ねても美しいスタイルを維持しやすいとも思えますが、遺伝だけではその細さを維持できません。

 

やはりその足の細さは、生活習慣や食べているもの、普段からしている運動などに秘密があるとも言えます。

 

美しくキレイな足を持っている人を調べていくととても興味深いことが分かってきます。
細い足を維持している人にはいくつかの共通点があるということです。

 

100%当てはまるというわけではありませんが、足が細い女性に見られるいくつかの共通点を取り上げていきます。

 

走る・歩くフォームが美しい

太ももやふくらはぎが細い人の共通点には、歩いたり走ったりするときの「かかと」に秘密があるかもしれないということです。
つま先、足の先端に力を入れて立つ習慣がある人は、底の低いパンプスなどしか履かない人に比べて足が細い人が多くいるように思います。
「足がキレイだから底が高いヒールを履いているんだよ!」という意見も聞こえて来そうですが、ヒールを履いているとふくらはぎの筋肉や太ももの筋肉をよく使うので、細い足に影響するのではないか?という考え方です。

 

わかりやすい例があります。
「子供の頃にバレエをやっていた。」という人は、子供の頃に身についた歩き方でその後も生活する人が多いので、足の前半分に重心がかかることは負担に感じないそうです。
一方、かかとの部分に重心をかけて立つ・歩く人は足の前半分に重心を置いて歩くのはとても疲れるという傾向があります。

 

前に重心をかけてあるくのと、後ろに重心がある人では下半身の使い方が違います。
座っているとき、寝ている時以外の時間は立っている時間です。人生レベルで合算してみると立っている時間を計測すると膨大な時間になります。
同じく立っている状態でも、人によって体の使い方は違うので、時間が増すごとに体に違いが生まれていくのではないかと思います。

 

アフリカのマラソンランナーの足の細さの理由は?

もう一つわかりやすい例を挙げてみます。
アフリカ系のマラソンランナーの例です。
アフリカ出身のマラソンランナーの多くは、「フォアフット走法」という、かかとをつけない走法で走っています。
その走り方で走っている選手を見ると、ほとんどの選手のふくらはぎ・太ももが細いのです。もちろんしっかりした筋肉は備えているのですが、総じて細い方ばかり。
これはかかとを地面につけずに走る「フォアフット走法」に秘密があるのではないかと感じます。

 

フォアフット走法をすることで、地面にかかとが着く際に生まれる地面への抵抗を、前への推進力に変えることができるため、より早く前に進めるそうです。
ちなみになぜアフリカ系の選手が、かかとを地面につけずに走る走法なのかというと、練習する道は悪路が多く、足を怪我しないためにも地面に着く足の面積を減らすためだという諸説もあります。

 

アフリカのランナーの走り方、バレエダンサーの動き、これらに細い足の秘密があるように思えて仕方ありません。

 

細く美しい足を作る運動法は?

前述した例に挙げたマラソンランナーと、短距離走のランナーとでは、同じ走る競技にも関わらず体型が全く異なります。
これはなぜ?と思う人も多いと思います。
それは瞬発力と持久力の違いかもしれません。
短い距離での速さを競う短距離選手は、瞬発力が命です。瞬発力を生み出す筋肉は、大きい筋肉が必要と言われているため、大きな筋肉を作るトレーニングをします。
いずれも多くのカロリーを消費する運動ではありますが、細いスタイルを作りたいと思っているのであれば、マラソンやジョギングのような長時間の有酸素運動を行う方が、細いスタイルを手に入れられます。

 

野球のイチロー選手は瞬発力が必要な競技にも関わらず細いスタイルを維持し、素晴らしい成績を残してきたのはとても不思議ですが、多く人の場合、持久力を使うトレーニングの方が細い筋肉を作りやすいように思います。

 

太い足の原因・むくみ対策はどうしてる?

足が太くなってしまう理由の一つに、水分や塩分の影響でパンパンになってしまう人や、一日中立ち仕事をしているため足がパンパンになってしまうという人も多いようです。
モデルさんや芸能人の人も立っている時間が多い人もいると思います。
ですが、パンパンになった足をケアする方法を知っているからこそ、細い足を維持できているのかもしれません。
リンパマッサージや着圧ソックスを利用して、その日の疲れを解消することはとても大事です。

 

そもそも、パンパン足になりやすい人にも傾向があります。立ち仕事という理由以外には、お酒や塩分の摂りすぎによって足が太く見えてしまう人も多いようです。
特にお酒の席が多い人は慢性的なパンパン足になってしまっていて、自分の足の太さは脂肪に依るものだと思っている人もいると思います。
普段から塩分を控えたり、お酒の席の回数を減らしたりすることで少しずつ変化を感じる人もいるので、自分の生活習慣を見直すのも良いかもしれません。

ページの先頭へ戻る